スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下肢静脈瘤のタイプ2 クモの巣状静脈瘤

今回は具体的に下肢静脈瘤のタイプ

について書きたいと思います。

クモの巣状静脈瘤とは?

皮膚に近い直径1mm以下の

とても細い静脈が拡張した静脈瘤がクモの巣状静脈瘤です。

太もも、ふくらはぎなどに多く、

赤色の血管がクモの巣のように

放射状に広がってみられることから

クモの巣状静脈瘤

こう呼ばれています。


大腿部、下腿部、また膝裏によく見られます。

様子を見ましょうと言われること

が多いのはこのタイプの静脈瘤です。

しかし女性では、このたいぷの静脈瘤

を氣にされて来院される方は少なくありません。

治療は極細の針を使った硬化療法や

レーザーを照射するレーザー硬化療法などが

行われます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。