スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下肢静脈瘤の治療法 1 硬化療法

久しぶりの更新ですが

今回は、下肢静脈瘤の治療方法について書きます。

硬化療法って聞いたことはありますか?

この治療法は外来でできるとても簡単で

安全な治療法です。

硬化剤と言われる薬剤を、細い針で血管内

に注入し、血管内に炎症を起こさせ、血管そのものを

引っ付けてしまい閉塞させるというものです。

クモの巣状静脈瘤や、網目状静脈瘤

側枝型静脈瘤までの、小さな静脈瘤から中型の静脈瘤まで

が適応になります。

また手術と組み合わせて行うこともあります。

繰り返し行うことができるので、

小さな静脈瘤を少しずつ直すことができます。

(歯医者さんの通院治療のような感じですね)

これは外国の動画ですが、とても良い動画なので
アップしますね。
当院でもほぼ同じ方法で行っております


血管が消失していくのがよくわかると思います。

当然保険治療で行えますので

興味のある方は血管外科へ相談してくださいね。

お薦めは
池袋東口、徒歩2分の
下肢静脈瘤治療のための
東京ヴェインクリニックです
スポンサーサイト

テーマ : 美脚、脚やせ
ジャンル : ヘルス・ダイエット

下肢静脈瘤のタイプ5 伏在型静脈瘤

今回は下肢静脈瘤のなかでも一番多く

また見た目にも目立つ静脈瘤である

伏在型静脈瘤について書きます。

伏在型静脈瘤は脚のもっとも太い表在静脈である

大伏在静脈、小伏在静脈におきる静脈瘤で、

多くの方がこのタイプになります(約70~80%)。

大伏在静脈は、くるぶしから始まり脚の付け根(鼡径部)で

大腿静脈と合流する、体表の中で最も長い静脈です。

脚の付け根の大腿静脈との合流で弁が壊れて、逆流がおき、

それが徐々に下腿部に広がり、ふくらはぎで静脈のコブ(静脈瘤)が

累々と浮き出て目立ってきてしまうのです。

これは下肢静脈瘤のできる原因を説明した動画です。
下肢静脈瘤のできる原因について

[広告] アクセス解析

また小伏在静脈は、ふくらはぎの後面を走行し

膝の裏で膝窩静脈に合流する静脈で、

同様に弁不全により逆流がおき、静脈瘤ができます。

ふくらはぎのコブでも実は脚の付け根や膝の裏に原因があるのです。

大伏在静脈、小伏在静脈の両方に原因がある場合もあります。

治療法は、手術による治療が第一選択になります。

保険治療であるストリッピング手術や

自費診療ですが、レーザーストリッピング手術

などがあります。

これらについてはまた日を改めて詳しく書きたいと思っております。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。