スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下肢静脈瘤の症状について2

下肢静脈瘤症状についてのお話をさせていただきます。

前回は、足のふくらみ、重みについてお話しさせていただきました。

まずはあしの浮腫み(むくみ)。

これは静脈のぼこぼこに続き多い症状です。

浮腫みの原因は心不全や、腎不全、低蛋白血症や

体調など様々なものがありますが、静脈も多い原因のひとつです。

多くは下腿下部から足首にかけて多く見られます。

靴下あとがつくことで気がつくことも多いです。

徐々に進行するため、それ以外の症状もなく、

放置されていることも少なくありません。

これも対処法としては前回もお話したとおり、

スポンジと同じで、ストッキングで圧迫して

浮腫みを取ってあげたり、または足を挙上して

浮腫みの原因となる水分を体に戻してしまうのが良いとおもいます。

足のマッサージや、ふくらはぎ運動も良いと考えます。

次の症状として「かゆみ」があります。

多くは静脈の膨らんだ直情の皮膚に皮膚炎を

起こしておきることが多いです。

この場合、放置しておくと、皮膚炎は進行し、

湿疹や皮膚の色素沈着へと進んでいきます。

この場合は比較的わかり易く、気がつけば、

すぐに血管外科へ行ってください。

次に「痛み」です。

これは下肢全体の痛みから、大腿部後面の痛み、

膝周囲の痛み、ふくらはぎの張り、

痛みから明け方のこむらがえりの痛みまで様々です。

また女性の場合、生理周期と関連することも少なくありません。

さらに静脈の見た目と、痛みの症状が関連せず、

見た目はそれほどではないのに、痛みが強いということもあります。

痛みの症状は患者さんにより様々で、

それだけで静脈との関連を見るのはなかなか

難しい部分があると思います。

足の痛みがあり、静脈瘤があるなと思った場合は

血管外科の専門医に見せることをお勧めします。

最後に「いろみ」です。下肢静脈瘤はかゆみなどが

出てきた後に、放置しておくと皮膚炎が進行し、

色素沈着、皮膚硬化を起こし、皮膚が黒く硬くなってきます。

これを「いろみ」といってます。範囲にもよりますが、

これが下腿全体に広がると、かなり重症である考えられます。

これがさらに悪化すると、難治性潰瘍といわれる状態になります。静脈うっ滞性潰瘍1


こうなってしまうと、なかなか治癒するのには難しくなってきてしまいます。

こうなる前に手術なりの処置をする必要があります。

ただこのように重症化するケースは、男性に多いといわれています。

私個人の意見としては、おそらく男性は見た目はあまり気にせず、

また筋肉が女性に比べ発達しているので、

筋肉ポンプ作用が強く症状が出にくくひどくなるまで

放置してしまうからではないかと考えています。
静脈うっ滞性潰瘍2


かなりえぐい写真になってますが、

見た目には本当にこのような状態になります。

ここでクリニックの紹介。

ここは昔から日帰り手術をやっているクリニックですね。

レーザー手術もとても早く導入されています。

青山なので交通の便もいいですね。
北青山Dクリニック
スポンサーサイト

テーマ : ヲタクのメモ
ジャンル : 日記

tag : 下肢静脈瘤 レーザー 日帰り手術 硬化療法 静脈 血管外科 症状

下肢静脈瘤の症状について

さて今回は、下肢静脈瘤症状について書きたいと思います。

まず最初に私は外来では患者さんにわかりやすく説明するために、

5つの「み」とお話ししています。

5つの「み」とは?


それは、

血管の膨らみ、足の重み、むくみ、かゆみ、痛み、色みです

「血管のふくらみ」

とはまさに血管のボコボコ、静脈のことです

次に「重み」とは

脚の重み、重足感のことです。夕方になると脚が重くなり、

だるくなりませんか?それが重みです。

これは静脈血のうっ滞によって、下肢がむくむことによって、
実際に重くなってしまうことと、
疲労がたまってこのような症状が出るといわれています。

患者さん本人はなんとなく足が重いなーと重足感はあるものの、
静脈と関係しているなんて思いませんから、
そのまま放置されていることが多く見られます。

脚のボコボコで来院されて、外来で脚が重くありませんか?
なんて聞くと重くて困っていたんですなんていわれることは
とても多く見られます。

また疲れやすい、疲労感という症状も同じ理由によるものです。

当然これらの症状は原因を取り除くと劇的に改善します。

水を吸ったスポンジを思い浮かべてください。
これを手で絞ると、水が搾り出され、
スポンジはとても軽くなります。

脚も同じなんです。

静脈血が脚にたまった状態ですから、
これを絞ってあげれば、スポンジ同様、軽くなるわけです。

これが弾性ストッキングによる圧迫療法です。

私の場合、患者さんが外来にこられた場合まず、

圧迫療法を薦めます。

静脈が原因であれば、これで症状が取れてきますし、
取れれば、すなわち原因は静脈ということになります。

原因が患者さん本人にもわかりますので、
以後の治療についてお話しやすくなります。

長くなりましたので、残りの「み」については
また後日お話したいと思います。
下肢静脈瘤写真

弾性ストッキング関連サイトを上げておきます。

レックスフィット
テルモコンプリネット

医療用ではないですが、薬局でよく売っているのが
ドクターショールのメディキュット(これでも十分です)
弾性ストッキング情報館(これはストッキングの情報サイトです。)

tag : 下肢静脈瘤 レーザー 日帰り手術 治療 静脈 症状

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。