スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下肢静脈瘤の症状について

さて今回は、下肢静脈瘤症状について書きたいと思います。

まず最初に私は外来では患者さんにわかりやすく説明するために、

5つの「み」とお話ししています。

5つの「み」とは?


それは、

血管の膨らみ、足の重み、むくみ、かゆみ、痛み、色みです

「血管のふくらみ」

とはまさに血管のボコボコ、静脈のことです

次に「重み」とは

脚の重み、重足感のことです。夕方になると脚が重くなり、

だるくなりませんか?それが重みです。

これは静脈血のうっ滞によって、下肢がむくむことによって、
実際に重くなってしまうことと、
疲労がたまってこのような症状が出るといわれています。

患者さん本人はなんとなく足が重いなーと重足感はあるものの、
静脈と関係しているなんて思いませんから、
そのまま放置されていることが多く見られます。

脚のボコボコで来院されて、外来で脚が重くありませんか?
なんて聞くと重くて困っていたんですなんていわれることは
とても多く見られます。

また疲れやすい、疲労感という症状も同じ理由によるものです。

当然これらの症状は原因を取り除くと劇的に改善します。

水を吸ったスポンジを思い浮かべてください。
これを手で絞ると、水が搾り出され、
スポンジはとても軽くなります。

脚も同じなんです。

静脈血が脚にたまった状態ですから、
これを絞ってあげれば、スポンジ同様、軽くなるわけです。

これが弾性ストッキングによる圧迫療法です。

私の場合、患者さんが外来にこられた場合まず、

圧迫療法を薦めます。

静脈が原因であれば、これで症状が取れてきますし、
取れれば、すなわち原因は静脈ということになります。

原因が患者さん本人にもわかりますので、
以後の治療についてお話しやすくなります。

長くなりましたので、残りの「み」については
また後日お話したいと思います。
下肢静脈瘤写真

弾性ストッキング関連サイトを上げておきます。

レックスフィット
テルモコンプリネット

医療用ではないですが、薬局でよく売っているのが
ドクターショールのメディキュット(これでも十分です)
弾性ストッキング情報館(これはストッキングの情報サイトです。)
スポンサーサイト

tag : 下肢静脈瘤 レーザー 日帰り手術 治療 静脈 症状

コメント

非公開コメント

心配です_alt_str_e_443.gif__alt_str_e_330.gif_

私の母はヘルパーを職業としているんですが、2ヶ月ほど前から右足が腫れてきて両足の太さが明らかに違ってきました病院に行ってみたんですが、私の母の場合、脹ら脛から下が腫れているだけなので、病名はないといわれました。ですが、症状がほとんど同じだったので、一応薬はもらったんですが、悪くなる一方です今はまだ手術をするほどでもないと言われたんですが、これは下肢静脈瘤なんでしょうか
教えてください

るぅさんへ

返事遅くなりすみません。お母さん心配ですね。下腿のむくみのようですが、むくみと言うのは結果で、原因は様々です。下肢静脈瘤もそのうちの一つです。足のむくみが強いときには、静脈瘤が目立たないことも時々見受けられます。深部静脈血栓症の可能性もありますので、一度お近くの血管外科へお係りになられてはどうでしょうか?超音波検査をやればある程度はわかります。
あといずれにしても、下肢挙上にして安静にしていることをお勧めします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。